こんにちわ 北嶋 なつこ です (^_^)

   神戸市育ちの2017年現在46歳。干支はイノシシ。
子供の頃からピアノや合唱、フルートやバイオリンなど、親にいろいろ嗜ませてもらい。
いま「ウクレレ」弾いています。
1999年 森嘉彦氏に 師事
2003年 森嘉彦プロ ウクレレスクールの講師として認定(初級。中級は2年後)
       島村楽器の講師を始める(14年間)。
2006年 十字屋カルチャーの講師を始める(4年間)

現在も師事し、自己研鑽と、教授技術の向上と研究に夢中。
プレイヤーとしては「プロミュージシャンの胸を借りてとにかく、やるしかない!」の
師の教えどおり? 修行中です。

自己紹介は以上です。

ここから以降は、今の私のウクレレに関する「中身」です。
 
 私にウクレレと音楽と教え方を教えてくださっている、森 嘉彦 先生。

お稚児さんの年齢からバイオリンを習ったり、見よう見まねで自分の体より大きな
ギターにぶら下がりながら弾いて
お母様やそのお友達に昭和歌謡のオブリガードなどを聴かせて喜ばせる小学生。
中学生からは近所のハワイアンバンドを見て、独学でスチールギターやウクレレを。
高校生からはもう、バンドを率いてプロ活動。
大学生時代に、故・大橋節夫さんのスカウトを受けたり。
京都に初めてのフラチームをつくったり、ハワイの人から「日本人のはずはない」と
言われるようなバンド「ククイナッツバンド」を組んで、CD出したり。
他の追随を許さぬ超絶技巧で「コーヒールンバ」を弾き、CDに参加したり。
日本で?世界ではじめて、ビッグバンドと組み合わせた演奏でCD参加したり。
当時なかったジャズコンボ形式のウクレレCD「I WISH」を出したり。
ハワイアンに飽きて、当時日本にはいなかった「ジャズ演奏をウクレレでする人」と
いつも「だれもやったことない」ことをしている、先駆者ですが・・・
 
  「昔、モーグルの全日本の選手しててネ」
「豆ごはんの美味しい作り方はな、豆のサヤを・・・」
「美空ひばりや勝新太郎がな、うちの店で・・・」
「ベランダの花が今年は・・・」「ハワイは仕事で週に・・・」

1999年夏。大学の吹奏楽部時代の友人に誘われて。
片道2.5時間。京都のレッスンに通い始めた私ですが
そんな気さくな話を挟みながら
深くて広い「音楽の話」に感銘を受けながらついていく
うちに憧れながら幾星霜。
「ジャズは音楽の基本が入ってる。ハワイアンでもなんで
も、上手くなりたければ勉強しなさい」
「片っ端から聴き。難しいのを最初から聴いたらあかん」
「ミュージシャンは、スタンダードを何曲知っているかや」
 ウクレレという楽器を弾くのを上達するということと
人前でいいプレイをするということは、まったく別の訓練が必要であるということ。
どんなにきれいな和音を使って編曲できても、それを弾いて、人にも、きれいって
思ってもらえなくては、残念なことになる、ということ。
自分自身や、知人の優しい拍手だけでは、自分の演奏のいいところも、残念な
ところもわからない、ということ。
 
そういうことを、
講師仲間に手をひっぱって舞台にあげてもらったり、仲間に励ましてもらったり
師匠やプロミュージシャンに、本当のことを言ってもらったり、応援してくれる人に
ねぎらってもらったり。家族に見守られつつ
体験させてもらえました。もちろん、泣きながら転びながら。
「なんぼ、恥をかくか、やで。恥かかんと、うまくならへんで」
そんな、めぐまれた環境のなかだからこそ、くじけながらも、今日も斜め上向いて
ゆけるんだな、と感謝しています。
 
     
 以前は生徒さんとしてのご縁のあった
絵本セラピスト・話し方講師など、たくさんの
プロフィールのある「来栖史江アナウンサー」
と。絵本にウクレレ合わせる
「ナックル」活動。
そのご縁に便乗してラジオで宣伝させて戴いた
2016年10月。私の初企画!
念願の「森嘉彦プロ」のライブ
私と縁をつないでくれている人、興味をもって
くださった100名のひとが来てくださいました
 もちろん、普段、レッスン会場としてレンタル
を許してくださっている
「100BANスタジオ」オーナーさんのご協力と
遠路の企画に快諾くださった師匠やお客さん
のおかげであります。

1999年夏に
習いたての3つのコードで「ああ、やんなっちゃたー♪」と歌っておどけていた私は
今の自分は想像できませんでした

私の可能性や世界や縁をひろげてくださった
森嘉彦先生、には、感謝の言葉しかありません。

森師匠が私にしてくださったところ、までは、到底できないと思いますが、及ばずながらも、私もみなさまの夢のお手伝いができたらなあと思っています。
そして、私にできないことは、はっきりできないとお伝えし、師匠をご紹介します。
人によって違う「夢の形や大きさ」に合わせられるように、努めていきたいと思います。

HPの更新はなかなかできなくても、私自身を、いつも更新していきたい!と思っているんです。(^_^)

<UKULELE×UKULELE トップページに戻る>

inserted by FC2 system